桜井輝子

桜井輝子

東京カラーズ株式会社代表取締役。「色彩」という普遍的なものを、「道具(ツール)」として活用することをご提案。 カラー・色彩の提案、企業研修・各種カラーセミナーの開催、教材制作、パーソナルカラーアナリストおよび色彩講師養成を行う。
http://www.tokyo-colors.com
https://www.facebook.com/tokyo.colors
https://www.facebook.com/teruko.sakurai /


今年の12月は大きなイベントも忘年会も自粛ムード一色で、巣ごもりの年末年始になりそうですね。


今月は、とても芸術的な絵本をご紹介します。


これを「大人も楽しめるアートな絵本」とカッコ良く紹介すべきか、
それとも「飛び出しすぎる絵本」とそのまま素直な感想を言うべきか・・・悩みました。
そのくらい、ページをめくるたびに「えっ?!!!」と思わせる、大胆なしかけ絵本なのです。


どちらもアメリカ在住のしかけ絵本作家ロバート・サブダによるもので、
『オズの魔法使い』と『不思議の国のアリス』です。


オズの魔法使いは全編を通してエメラルドグリーンの色彩に溢れ、カラーセラピー効果があるのではないかと思ってしまうほど!
不思議の国のアリスは最後のページが圧巻です。


暖かい部屋でゆっくりとお茶を飲みながら、自分時間を過ごすのにピッタリ。
鮮やかな色彩と驚きのしかけで、豊かな気持ちになれること請け合いです。


お体にお気をつけて、ステキな年末年始をお過ごしください。


桜井輝子

〈Twitterアカウント〉@colors_sakurai

【Amazon】