桜井輝子

桜井輝子

東京カラーズ株式会社代表取締役。「色彩」という普遍的なものを、「道具(ツール)」として活用することをご提案。 カラー・色彩の提案、企業研修・各種カラーセミナーの開催、教材制作、パーソナルカラーアナリストおよび色彩講師養成を行う。
http://www.tokyo-colors.com
https://www.facebook.com/tokyo.colors
https://www.facebook.com/teruko.sakurai /


「紙の本はいずれ消えてなくなり、電子書籍が主流になるだろう」と言われ始めてから、かれこれ10年くらい経つでしょうか?


2021年1月現在「紙の本」は、私が想像していた以上に生き残っているようです。
もう少し深く考えるならば、電子書籍のほうが使い勝手が良い種類の本と、パラパラとめくりながら、気持ちのおもむくままに眺めて楽しい本とを、うまく使い分けている人たちが増えているように感じます。


今回ご紹介するのは『世界で一番美しい色彩図鑑』です。


大きく分厚くずっしりとしていて、まさに図鑑なのですが、キャビネットにしまいこんだりせず家族が集まるリビングに置いておき、気の向くままに眺めるのにふさわしい、色の本なのではないかと思います。


偶然開いたページが、たとえ自分にとって興味のないテーマだったとしても、写真やイラストの美しさに目が喜び、心が豊かになるような感覚を覚えます。


桜井輝子

〈Twitterアカウント〉@colors_sakurai

【Amazon】